衛生管理者、試験合格への道

衛生管理者や、試験について

衛生管理者とは、業種は関係なく、常時労働者50人以上の事業者であれば、政令で定められている規模の事業場の区分に応じて、試験に合格した免許保持者の中から衛生管理者を専任しなけらばならない、と法律で定められています。
衛生管理者の主な仕事は、衛生に関する技術的なことを管理することとされています。

・労働者の危険や健康障害を防止する措置
・労働者の安全衛生のための教育の実施
・健康診断の実施やその他健康保持や増進のための措置
・労働災害の原因調査と再発防止策
・労働者の救護に必要な措置
・労働者の負傷や疾病による死亡・欠勤・異動に係る統計の作成
などが具体的な仕事内容です。
そして、毎週一回以上は事業所を巡視するという仕事もあります。
これらのことを頭に入れて、試験に備えて置く必要があります。
オフィスの規模によって、選任しなければならない人数が変わってきます。
大きなオフィスになればなるほど、試験に受かった有資格者が必要となっています。
何せ、国家試験に受かっていなければならないので、衛生管理者の有資格者は、企業の管理部門では貴重とされております。
衛生管理者資格には、「第一種」「第二種」があります。
全業種で有効なのは第一種となっており、第二種は業種が限られてしまいます。
衛生管理者試験の試験科目は第一種で5科目、第二種で3科目となっており、合格は全体で60%の得点であり、科目毎で40%以上とらなければなりません。
1科目でも40%以下の得点をとってしまうと、その時点で不合格となってしまうので、科目は全て学習することが大事となります。

外部リンク

DVDでしっかり学ぶことができる衛生管理者の試験対策が人気です。難しい試験を一発合格して突破する為に必要な知識を学びましょう。